太陽光発電システム|事例②

システム概要

太陽電池モジュール単結晶
設置年数24年
太陽電池アレイ構成:14直列×26並列。

SOKODES測定結果

モジュール間ケーブルの腐食(緑青)の検出。
ピンポイントで場所を指摘。目視で14枚全てをチェックすると1時間程度かかるところを、5分で発見。

関連記事:

    太陽光発電システム|事例①
    異常モジュール特定までの流れ
    太陽光発電システム|事例③

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ